八幡宇佐宮託宣集を読んでいてのメモ書き

八幡宇佐宮御託宣集を読んでいたら、八幡の三つの宮を法体・俗体・女体とし、それぞれ断悪修善・正直憲法大慈大悲の徳を現すと記してあった。中世の神仏習合の頃の、仏教の影響が濃い解釈なんだろうけれど、中世の日本人はそんな風に考えて、そういう意味付けでいたんだろうなぁとは思う。

また、筥崎宮には「戒定慧」の筥が埋められてある、と八幡宇佐宮御託宣集の巻二には、何か所か書いてあった。中世の頃にはそう信じられ、そう思われていたということなのだろう。

 

また、田布江、鷹居、郡瀬、太祢河、酒井、乙咩浜、馬木嶺、安心院、小山田、菱形池の移動のことは興味深かった。

薦八幡や大分八幡の話も興味深かった。

 

また、八幡は三千の眷属が、若宮は九万九千の眷属がおり、あわせて十万二千の眷属がいるというのも興味深かった。

 

法蓮の日想観の話や、仁聞菩薩の話なども興味深かった。

 

 

他も、いろいろ興味深い言葉をメモしてみた。

 

 

 

 

神勅に云く、八正道より権迹を垂る。故に八幡大菩薩と号くと云々。

 

我一所に住み坐して、法界衆生利益の願を発さむてへり。

 

大菩薩、馬城の峯に御垂迹して言く。

今より我が山には、修験人は有るべからず。尚我が山には、名聞得行を求む者、富貴官位を求む者、七宝如意を求む者、又は天下国王・大臣、君の百官を儲け申さむ念をば成就せしめ、盗賊火難を除かん。弁財高智を得んと祈祷せん時は、此れこの三石を用ひ身と成し、木水を意と成すてへり。

 

吾は慈悲を以て、本誓と為す。

 

吾が躰は、有もまた空もまた、只正道を以て躰と為すてへり。

 

得道より来(このかた)、法性を動かさず。八正道を示し、権迹を垂る。皆苦の衆生を解脱するを得、故に八幡大菩薩と号く。

 

八正道より迹を垂る。故に八幡と申すと。

 

吾は是れ、護国霊験威力大自在王菩薩なり。吾、社中に住せず。我、四維に風に当り、ふき到らん所の群類、併(しかしなが)ら済度せん。吾、万(よろづ)の方に灌ぐ雨の、流れ到らん処の有情を、悉く利益せんてへり。

 

明日の辰時を以て、沙門と成つて、三帰五戒を受くべし。今より以後は、殺生を禁断して、生を放つべし。但し国家の為に、巨害有らん徒出で来らん時は、此の限に有るべからず。疑念無かるべしてへり。

 

我体は有もまた、空もまた、正道を以て体と為すと。

 

汝、無上の道心を発すべし。吾も亦発すべきなり。又無上の道心を発さん人をば、守護すべきなりてへり。

 

 

一念も吾が名を唱へん者は、敢て空しき事無きなり。現世には思に随つて、無量の財宝を施し与ふべし。後世には善所に生れて、勝妙の楽を受くべきなりてへり。

 

我大いなる慈悲を以て室と為し、柔和忍辱を以て衣と為し、諸法の空を以て坐と為すべしてへり。

 

昔我天の下国土を鎮護(しづめまもり)始めし時に、戒定慧の筥を、彼の松原の所に埋め置くなり。すなわちその名を筥崎とは号くなり。

 

古吾は震旦国の霊神なり。今は日域鎮守の大神なり。吾は昔は第十六代帝皇なり。今は百王守護の誓神なり。先には独数万の軍兵を率し、償つて隼人を殺害して、大隅・薩摩を平げり。後には此等の生類を救はん為に、三帰五戒を持んと思ふてへり。

 

一。又筥崎宮の三所とは、一殿は八幡、二殿は聖母、三殿は竈門なり。これに就き、延喜の神託の如くんば、竈門は我が伯母なりと云々。今の次第の如くんば、竈門は御弟に相当り坐すか。法体は断悪修善の形、俗体は正直憲法の義、女体は大慈大悲の色なり。

 

我多く隼人を殺しつ。其の罪障山岳の如し。衆罪霜露の如し。沙門と成り、持戒して、罪障懺悔の為に、霜露に打たるるなりてへり。

 

ありきつつ きつつ見れども いさぎよき きよき心を われわすれめや

ETV 「エリザベス この世界に愛を」

今日(4月17日)の夜11時から、ETV「エリザベス この世界に愛を」の再放送があるそうである。

「エリザベス この世界に愛を」 - ETV特集 - NHK


以前の放送の時に見たが、とても考えさせられる番組だった。
多くの人に見て欲しい。

在留資格がない外国人が帰国に応じない場合、入管収容所に入れられるが、その人数は数千人に及ぶそうである。
中には収容が三年以上の長期に及び、心身共に健康を害する場合も多く出て、自殺未遂やハンガーストライキも多発してきたそうである。

番組で特集されているエリザベスさんは、ナイジェリア人のクリスチャンの女性で、収容されている人々に電話をかけたり面会に行って、ひたすら愛を送ることを心がけている様子が、この番組でとても印象的だった。
その祈りが熱烈である様子も映っていて、心に響くものがあった。
「愛を示して欲しい」というエリザベスさんの訴えは、理屈を抜きにして、とても心に響くものがあった。
いかなる人も尊重され、愛を示されるべき存在であることを考えれば、日本のこの入管収容所をめぐる現状は早急に改善や是正が必要な部分があると思われる。

いま進められている入管法改正が、杓子定規にこれらの不法滞在とされる人々を切って捨てるものとなるのではなく、人間として愛を示すことができる方向のものとなることが願われてならない。

昨年、アメリカではブラックライブズマターの動きが盛り上がったけれど、日本もまた、同様に、大切にされるべき人命や人権が、ともすれば十分に大切にされていない事例は、まだまだたくさんあるのだと、この番組を見てあらためて痛感させられた。



パトナーヤク『ラーマーヤナ』を読んで

パトナーヤク『インド神話物語 ラーマーヤナ』(原書房)を読み終わった。

とても面白かった。

 

ラーマーヤナマハーバーラタと並び称されるインドの古典文学で、名前だけは知っていたけれど、本当に面白い物語だと今回読んでいて思った。

また、物語の合間合間に示される深い叡智の言葉の数々にも感嘆させられた。

 

心を広げ、あるがままに事実や状況を受け入れ、他者の視点を理解しようとし、怒りを乗り越えて思いやりを持って生きようとするラーマやシーターの姿勢には、多くのことを教えられる気がした。

 

また、読んでいて感銘深かったのは、アハムとアートマンについての話だった。

人間はそれぞれ、自分のつくりあげた世界を生きている、いわば思いこみや偏見に彩られた幻想を生きている、そのことをインドでは「アハム」というそうである。

一方、本当に神とつながった視点を持ち、どの人に対しても純粋な思いやりと理解を持つことを「アートマン」というそうである。

つまり、自己中心的なアハムから、共感と思いやりと理解を基本としたアートマンに個人の視点が成長し移行していくことがラーマーヤナマハーバーラタが強調していることで、そうしたアートマンが宇宙や神と本当につながっているということが梵我一如説の本当の意味らしい。

 

その他にもさまざまに考えさせられる物語やメッセージがたくさんあった。

 

 

「あらゆるところに恐怖が見える。

完璧な世界に恐怖があってはならない。

恐怖のない世界を作ることがダルマなのだ」

 

(上巻219頁)

 

「出来事は出来事に過ぎない。

それに良いとか悪いとかの価値を付与するのは人間だ」

(上巻232頁)

 

「ダルマの概念に忠実でいよう。

最悪の環境にいても、たとえ誰に見られていなくとも、自分がなれる最善の人間でいよう」

(上巻242頁)

 

「愛とは相手を見ることです。」

 

(上巻273頁)

 

「知識とは、水に浮かぶ丸太のようなものです。

悲しみの海で、我々が溺れずにいられるよう助けてくれるだけです。

岸を見つけるためには、自分の脚で水を蹴って泳がねばなりません。

他の人が代わりに泳いではくれないのです」

 

(下巻23頁)

 

などなどの言葉にも、考えさせられた。

 

ただ、ハッピーエンドで終われば良いものを、悲しい結末になっていくところと、いささか首をかしげざるを得ない違和感のあるエピソードが多々挟まれるところもまた、読者をして考えさせられるインド神話の面白いところとも言えるのだろうか。

 

ラーマーヤナはインドのみならず東南アジア一円にも広く伝播し、スリランカやタイやラオスなどの仏教国でも愛されているそうだが、なぜ日本にはあまり伝わらなかったのだろうか。

ラーマーヤナマハーバーラタを知っているのと知らないのとでは、人生の楽しみがいささか変わって来るとさえ思える。

 

パトナーヤク『マハーバーラタ』を読んで

パトナーヤク『インド神話物語 マハーバーラタ』を読み終わった。

膨大な叙事詩を簡潔に二巻本に再話したものであり、とても読みやすかった。

読んでいて感じたのは、おそらく古今東西の古典文学の中で、最も面白く深いということである。

 

話の筋は、パーダヴァと呼ばれる五人の王子たちと、カウラヴァと呼ばれる百人の王子たちが、さまざまな因縁があり、クルクシェートラという場所で十八日間の大戦争が行われるという物語である。

戦争に至るまでの物語や、戦争が終わった後の物語や、付随して語られる物語や言葉が、しばしばとても深い叡智を湛えており、インドの精神文化の深さにあらためて驚嘆させられた。

 

おそらく、この物語はかなり大昔の実際の戦争がもとになっていると考えられており、マハーバーラタ叙事詩自体は紀元前四世紀から紀元後四世紀にかけて、およそ八百年ぐらいかけて徐々に形成されたそうである。

かなり具体的に日食や木星の位置が作中に記されており、それをもとにある物理学者が計算したところ、紀元前3067年から紀元前3066年の間に起こった戦争とのことである。

 

私が中でも胸に響いたのは、以下の言葉の数々だった。

 

「常におのれの権利を守るために戦え。

恥にまみれて凡庸に長生きするよりも、

たとえ短い生涯でも、

誇り高く輝かしく生きるほうがずっとすばらしい。」

(下巻47頁)

 

「誰もが必ず死ぬ。

突然に死ぬ者もいれば、緩慢に死んでいく者、苦しみながら死ぬ者、平安の中に死ぬ者もいる。

誰も死を免れることはできない。

大切なのは人生を最大限に活用することだ。

人生を楽しんで寿ぎ、

人生から学んで、                              

人生の意味を理解し、

共に生きる人々と人生を分かち合うことが大切なのだ。

そうすることができれば、最後に死が訪れても、死はそれほど恐ろしいものではないだろう」

(下巻191頁)

 

「人生は川のようなものだ。

人間がその流れの方向を変えようと奮闘しても、

結局は流れるべき方向に流れていく。

その水を浴び、その水を飲み、その水に癒され、その水をすべての人々と分かち合うがよい。

しかし、川と戦おうとはするな。

川に押し流されるな。

川に執着するな。

人生という川をじっくりと観察して、

そこから学び取るのだ」

(下巻195頁)

 

さらには、カウラヴァに勝利したパーンダヴァのユディシュティラが、最終的には戦いの虚しさと偏見や憎しみの誤りを悔い改め、すべての人々に対し、最悪の敵に対しても、純粋な思いやりを持ち、弱肉強食よりも共感の道こそ人間の道だと気づくところには、深く胸打たれた。

 

このマハーバーラタのごく一部分が『バガヴァッド・ギーター』であり、その部分だけは岩波文庫で読んだことがあった、全体の物語の筋を把握してはじめてバガヴァッド・ギーターもその意味がよくわかるし、やっぱりマハーバーラタは全体の物語を通してはじめてその素晴らしさがわかると今回読んでいてしみじみ思った。

 

また、マハーバーラタでは、「マツヤニヤーヤ」ということが批判されていたことも興味深かった。

マツヤニヤーヤとは、大きな魚が小さな魚を食べるということで、自然界の弱肉強食の法則である。

これを否定するところに人間や神の道があると、マハーバーラタは繰り返し物語の中で主張している。

とすると、新自由主義というのは、基本的にマツヤニヤーヤに人の世を戻そうとするものとも言えるようにも思われる。

マハーバーラタやインドのヴェーダの観点からすれば、新自由主義というのは否定されるべきけしからぬものということになるのかもしれないと読んでいて思われた。

 

その他にも、マハーバーラタは世俗の生活を重視していて、魂を深め内面を深めることと、世俗社会の中で生きて家族や社会に対する務めを果たすことは完全に両立するとし、あるがままに人生を見つめそこから学ぶことの重要性を説いているところは、同じインドでもある種の仏教などの出家や隠遁を重視する姿勢とはだいぶ異なるように思われた。

 

また時折読んでみたいと思うし、いつか原典訳も読んでみたいと思う。

ドラマ 「フォーガットン・アーミー」

ドラマ『フォーガットン・アーミー』を見終わった。

インド国民軍を描いた作品で、シンガポール陥落あたりから話が始まる。

イギリスと日本の間で、当時のインド人の一般兵士たちはさぞかし大変だったろうなぁと見ながら思われた。

第二次大戦中、二百五十万人のインド人がイギリス軍兵士としてドイツや日本との戦いに従事したそうである。
また、五万人以上のインド人がインド国民軍として日本側に立ってイギリスと戦った。

インド国民軍には女性部隊もあり女性兵士もいたそうである。
ソビエトにもいたので、世界初というわけではないのかもしれないが、かなり早い部類には属すると思われる。

作品では、主人公と女性兵士の淡い恋なども描かれて、彼らにも彼らなりの青春があったんだろうなぁと思えた。

インド国民軍の兵士たちが、「デリーへ!」としばしば作中で声を上げ、インドを目指して進軍する姿には、見ていて目頭が熱くなった。
もちろん、インパール作戦は失敗に終わり、その多くはインドに辿り着くことなく戦死し、捕虜となった人々は反逆者として惨めな思いをせざるを得なくなった。

だが、テロップで最後流れるが、反逆者として多くのインド国民軍兵士たちが戦後に裁判される中で、インドの国中に裁判を通して彼らの思いや真実を知り、イギリスに反乱を起こしてインド国民軍を名乗る兵士たちが相次ぎ、とうとうイギリスも匙を投げてインド独立を認めることになったそうで、インド国民軍は決して全くの無駄に終わったわけではなく、インド独立に貢献したようである。

アマゾンプライムで見ることができるので、見ることができる方にはお勧めしたい。

https://www.amazon.co.jp/%E6%98%AD%E5%8D%97/dp/B089YCPRKN/ref=sr_1_1?adgrpid=103004468366&dchild=1&gclid=Cj0KCQiA1pyCBhCtARIsAHaY_5fuidSScJdemjdq9r0SaSApS962871JU99L7yA4wp5FwB3J2NQUNJUaAhOtEALw_wcB&hvadid=447929469496&hvdev=c&hvlocphy=1009726&hvnetw=s&hvqmt=e&hvrand=14689230120391399637&hvtargid=kwd-868939148289&hydadcr=18781_9959210&jp-ad-ap=0&keywords=%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%82%AC%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%9F%E3%83%BC&qid=1615300434&sr=8-1

フランスの小さな村についてのニュース

第二次世界大戦中に、ナチスの迫害からかくまってくれたフランスの小さな村に、そのおかげで生き残ったユダヤ人の男性が二億五千万円の遺産を贈ったという。


マイケル・モーパーゴの小説になりそうな、胸打たれる話である。


そのル・シャンボン・スル・リニョン村という村は、ユグノー戦争の頃から多くの人々をかくまって助けてきた伝統があるそうである。


一人の人のいのちを助けることは全世界を救うに等しいという格言がアヴォートにあったけれど、本当にそれぐらい偉大なことだと思う。


ル・シャンボン・スル・リニョン村は、第二次大戦中にも二千五百人以上のユダヤ人をかくまい、助けたとのことである。


https://www.bbc.com/japanese/55875785

二二六事件から八十五年

今日は、二月二十六日で、二二六事件から八十五年が経った。

民主主義と暴力の関係は、今も切実な問題である。
実際、つい最近も、アメリカでは一部のトランプ支持者が暴徒化して議会に乱入する事件が起こった。
ミャンマーでは今現に実際に民主主義を停止して軍部によるクーデターが起こっている。
そこまで実際の暴力行動が行われていなくても、日本も含めて多くの国々で民主主義に対する疲れや苛立ちを感じている人がしばしば見かける時代となった。

議会制民主主義というのは、時間がかかる。
すべて議会における手続きが必要で、その手続きもめんどくさい。
そしてまた、現実の社会というのは複雑で多様な利害や考えが存在しており、その調整や合意をとりつけていこうとするととてつもなく時間がかかる。

ゆえに、議会や民主主義はめんどくさいと感じて、一足飛びに改革や革命を起こそうと考える誘惑に、真面目な人ほど時にはかられるのかもしれない。

実際、二二六の青年将校たちは、その遺書を読んでもよくわかるが、とても真面目で純粋な人々だった。
たしかにその思考は短絡的だったかもしれないが、陸軍士官学校を首席で卒業した人物などもおり、己の保身や自己利益だけを考えるならばわざわざリスクを冒してあのような事件を起こしはしなかったろう。
彼らなりに、貧富の格差のひどさや、その是正が行われないことへの怒りや苛立ちから、貧しい人々をなんとかしなければならないと思って事件を起こしたのだろうと思う。

しかし、問題は、議会制民主主義を無視して、一足飛びに改革を実現しようとして強引なやり方や暴力を用いたとしても、決して良い結果は生まないということである。
二二六事件も結局は失敗に終わり、多くの人命がいたずらに失われただけだった。

渡辺錠太郎高橋是清など、冷静になって考えてみれば殺す必要のない立派な人物たちが殺害されてしまい、その遺族たちにも深い心の傷を残すことになった。
彼らを君側の奸や国賊とレッテルを貼って殺害した二二六の青年将校たちは、あまりに短絡的だったと言えよう。
また、鈴木貫太郎は重傷を負いながら奇跡的に命が助かったが、もし二二六事件で鈴木貫太郎まで死んでいた場合、はたしてその後の歴史において1945年8月の終戦が可能だったかどうか、さらに戦争が長引いたかもしれないことを考えると、ぞっとするものがある。

短絡的なレッテル貼りによる暴力ほど、不毛で損害の多いものはない。
いかに時間がかかり、めんどくさく思えても、議会制民主主義を通して、地道に調整と手続きと合意を形成しながら、一歩一歩社会を改革していくしかない。

そのことを、二二六事件を思う時に、あらためて胸に刻まされる気がする。
そして、そのように思い、議会制民主主義のために地道に自分のできる範囲で努力することが、二二六事件の被害者や青年将校たちへのせめてもの供養になるのではないかとも思う。

生きづらい時代に生きるのは、おそらく1930年代も2020年代の我々も似たようなものかもしれないが、もし違いがあるとすれば、過去の過ちを忘れずに違う道を選択する自由が後世の人間には与えられていることなのだと思う。